徳川家康(23) 蕭風城の巻 (山岡荘八歴史文庫) 山岡 荘八

ISBN:

Published: April 1st 1988

Kindle Edition

316 pages


Description

徳川家康(23) 蕭風城の巻 (山岡荘八歴史文庫)  by  山岡 荘八

徳川家康(23) 蕭風城の巻 (山岡荘八歴史文庫) by 山岡 荘八
April 1st 1988 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, audiobook, mp3, RTF | 316 pages | ISBN: | 5.52 Mb

大久保長安の遺した不思議な連判状は何を意味するのか。やはり大坂は討たねばならないのか。しかし家康の願いは豊臣家存続にある。そのためには戦(いくさ)の回避と大坂開城が必要絶対条件だった。家康と片桐且元(かつもと)の和平交渉が始まる。家康は方広寺の鐘銘事件に名をかりて、淀君、秀頼母子に、大坂城無血明け渡しの謎をかけた。だが……。



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "徳川家康(23) 蕭風城の巻 (山岡荘八歴史文庫)":


prosunshower.com

©2014-2015 | DMCA | Contact us